ワキガの人は足も臭い!はある意味本当だった!汗の量が多いと危険

ワキガだと足の臭いもきつい人が多いよね~、もしくは、自分はわきがなんだけど足もかなり臭い!という方は実はけっこう多いと思います。

どちらにしても臭いの原因となるのは「雑菌」です。人間の素肌には、皮膚常在菌という菌がいっぱいいます。これはどんな人の皮膚にでも存在するものであり、皮膚を病原菌などから保護してもらっている働きがあるものもいます。 この雑菌は体から生み出される色々な物質を分解する時に、匂いの原因物質をも一緒に作り出してしまいます。これがワキガや足の臭いになるわけです。この要点さえ聞くと、やはりワキガの人は足の臭いも強烈であるのか!と想定されるかも知れませんが、厳密にいうとそれは違います。ワキガと足の臭いでは、雑菌が分解する分泌物の種類が全く異なるからです。ですが、わきがの人には多汗症の人が多いと言われており、そうなると発汗量が多い=足の臭い成分となるものを含んだ汗を靴の中でいっぱいかきやすい、ということにもなり、その点でニオイがきつくなりやすいということに結びついてしまうんですね。
【ワキガの人は足も臭い】というのはこの点で繋がってくるということなんですね!

足の臭いを防ぐには、足裏からの汗の量を抑えつつ、且つ雑菌の繁殖を防ぐということが大事になってきます。でもこれ、なかなかできることではないのですが、わきが対策クリームであるクリアネオであれば可能です。
家を出る前に足の裏、指にこのクリームを塗り込んでください。感触としてはさらさらしますが、特に違和感と言えるほどのものはありません。これを塗っておくと普段のあの足からの臭いがかなり減りますし、わきが体質の方はわきが対策としても使える為一石二鳥と言える商品なんです。
当サイト管理人もおすすめ、実際に使っているクリオネア

ワキガと足の臭いはそもそも原因物質を出す汗腺が異なる

ワキガの悪臭と足の悪臭は、どっちも嗅いだことを経験した人ならわかると思いますが、全然と言っていいほど異なっていますよね!?
あれはワキガの臭いは「アポクリン汗腺」、足の臭いは「エクリン汗腺」というハッキリと違う汗腺から出される汗が引き金だからです。

アポクリン汗腺とはワキ下などに集中して存在する汗腺であり、このポイントから生み出される汗は平凡な汗とは異なり、脂質やタンパク質というものを数多く含めています。これらをワキにいる常在菌が分解するせいで、あのワキガの激しい臭いになるわけです。 アポクリン汗腺は、遺伝的で保持している人とどういうわけか全くない人が見受けられます。日本ではワキガになるほどのアポクリン汗腺を保持する人は15%前後だと聞いています。
一方、エクリン汗腺は誰でも持っている汗腺で、おおかたの体にあるのです。エクリン汗腺から出る汗の成分は、だいたいが水で、ミネラルや乳酸などが少々混入されています。

足の臭いは、このエクリン汗腺から出る汗が引き金なのですが、雑菌は汗の成分をストレートに分解するのではなく、汗とともにしみ出る皮脂や角質を分解して悪臭に至っています。 エクリン汗腺は全身に存在するのというにも拘らず、なぜ足だけが臭うのかと言いますと、足は靴や靴下を着用して高温多湿の最悪の環境にになっているからです。常在菌は高温多湿の環境が大好物で、靴の中で一層繁殖します。そして、高温になったら汗をしっかりとかきますので、雑菌のエサが生じる皮脂や角質もなお一層満ちあふれてきます。この理由により、靴を脱いだシーンでのあの激し過ぎる悪臭が作成しだされるのです。